• DETAIL 商品詳細

    • 商品コード6061-52
      メーカーテキーラ ロス アブエロス社
      地域メキシコ
    • 度数40%
      容量700ml

    テキーラ ロス アブエロス社
    メキシコ・ハリスコ州、バジェス地方のテキーラの名門サウザ家の 5代目ギレルモ・エリクソン・サウザが祖父の時代の伝統的な製法を守り、 2005年から丁寧にテキーラづくりを行っています。
    フォルタレサ蒸溜所は、元々サウザ家が所有していた3つの蒸溜所の うちの1つで、1968年に閉鎖。その後、ミュージアムとして保存され、 1976年にテキーラ「サウザ」ブランドと2つの蒸溜所を売却した後も、 同蒸溜所は、アガベの農園と共にサウザ家が所有し続けていました。 サウザ家5代目のギレルモは、1999年にこの蒸溜所の再建に踏み切り、 2005年に100%アガベのプレミアムテキーラ「フォルタレサ」をリリース。 時間が短縮できる近代的な製法ではなく、100年以上もの間、 受け継がれてきた伝統的で手間の掛かる製法でつくられた「フォルタレサ」は、 今や世界中から注目の集まるプレミアムテキーラとなり、 世界106のバーが選ぶドリンクス・インターナショナルの 「ANNUAL BRANDS REPORT2018」では、テキーラ部門でTOP10に 選ばれています。

    アネホは蒸溜後、チャーしたバレルで約3年間熟成 したものをメインに使用し、ボトリング。色はライトアンバー。 香りはキャラメル、バニラ、チョコレート、バタースコッチ、 パイナップル、ナツメグ。味わいは滑らかで甘く、バタースコッチ、 キャラメル、トフィーで、フィニッシュにヘーゼルナッツが加わり、 豊かな広がりを見せてくれます。

    <フォルタレサ蒸溜所 ― 伝統を継承した、手間を惜しまないテキーラづくり ― >
    原料へのこだわり
    バジェス地方のテキーラで主に使用されるアガベの球茎部(ピニャ)の 重さは約45kgですが、フォルタレサで使用されるピニャは時に 重量110Kg以上にもなります。 その分アガベの生育に年数を要しますが、出来上がったテキーラは バジェス地方の辛味の多いテキーラとは異なり、辛味の少ない 柔らかな味わいになります。

    伝統的なテキーラづくり
    ピニャの糖化は、近代的な「アウトクラベ(蒸気圧力窯)」では 8時間で済みますが、昔ながらのレンガ造りのオーブン「マンポステラ」で 30時間もの時間をかけて加熱することで、アガベ特有の青さが減り、 香りにバター様のアロマが加わります。 糖化されたピニャは「タオナ」と呼ばれる今ではほとんど見られなくなった 珍しい石臼で、約7時間かけてゆっくりと搾汁。ほとんどの蒸溜所で 使用されているシュレッダー機はバガスといわれる繊維質を細かく 切断してしまいますが、「タオナ」は繊維質を壊さないため、 テキーラに不必要な雑味が加わりません。 発酵槽はステンレスではなく昔ながらの木製で、テキーラに独特な 風味を与えてくれます。バガスを取り除いたモスト(糖液)のみを3 日半かけて自然発酵。蒸溜は銅製のポットスチルによる2回蒸溜。 熟成にはチャーを施したバレルを使用しています。 ピニャを模ったキャップと型吹きガラスでつくられる伝統的な メキシカンガラスのボトルにも彼のこだわりがみられます。

    RECENTLY CHECKED チェックした商品

  • CALENDER 営業日カレンダー

    は定休日となります。
    Webからのご注文は、24時間お受けしております。
    いただいたお問い合わせに対する返信、商品の発送業務等は
    翌営業日より順次対応させていただきます。

  • 2018年8月
    1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031
    2018年9月
    1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30
pagetop